栄養バランスの不安解消に

青汁

野菜が苦手でも飲める

日本国内においてはテレビコマーシャルの影響で、青汁は飲みにくいという印象が一部で持たれています。しかし、実際には飲みやすいタイプが多く、子供のうちから利用する家庭も増えているのです。飲みやすいタイプの青汁は、その多くがベースに大麦若葉を使用しています。子供に多い野菜嫌いですが、親子で苦手というケースが見られるようになっています。そこで活用したいのが大麦若葉の青汁で、自己流のアレンジでさらに飲みやすくしてみると良いでしょう。例えば牛乳を入れると抹茶ラテのような味わいになり、大麦若葉の成分にカルシウムをプラスできます。また、大麦若葉の青汁は野菜ジュースのようなものですので、フルーツのドリンクをミックスしてみるのもおすすめです。

継続がもたらす効果

健康というイメージの強い大麦若葉の青汁ですが、ただ漠然と体に良いからという飲み方では飽きてしまいます。ある程度は目的を明確にしたうえで、継続を意識することが重要なポイントです。大麦若葉の青汁には野菜不足を解消するような栄養素が、バランスよく含まれています。さらに食物繊維も豊富ですので、どうしても野菜が苦手という場合には、食事中の飲み物として利用してみるのも良いでしょう。野菜不足を完全に解消するわけではありませんが、継続のための手段になります。結果として食生活にバランスが戻り、健康だけでなく美容も期待できるのです。また、近年では食べないよりも食べるダイエットが注目され、大麦若葉の青汁はまさにうってつけといえるでしょう。